給料に関して

タオルとソープ

■ソープランド特有のテクニック
ソープランドは、他の風俗店に比べサービス料が若干高めです。
そのことから、お客様もソープランドならではのローションを使用したマットプレイ、おもてなしや性的サービスのテクニックなどを求めている男性がお店に来ます。
ソープランドならではのスケベ椅子を呼ばれている椅子や、くぐり椅子と呼ばれるプレイ用の椅子なども人気があります。
30,000円や100,000円くらいの料金を支払ってソープ嬢の性的サービスを受けに来ているので、接客するお客様をその都度満足させないと、自分の指名客にはなってくれません。

講習用のDVDを観ながらの学習や、実際に男性客の接客をしながらの経験などでテクニックを磨くことにより、結果的に指名客が増え、嬢の収入も増えていきます。
ソープランドで特に人気があるプレイは「泡踊り」や「潜望鏡」などです。
これらのソープランド特有の性的サービスを抜き、その代わりサービス料金を安くしたカジュアルソープという名称のソープランドもあります。
上に挙げたソープ特有の性的サービスがどうしてもできない、という女性はカジュアルソープが向いているかもしれません。

◆ソープランドの給料
ソープランドの給料は、お店のランクによって大きく変わります。
また、本採用かアルバイトかによっても変わる店舗もあります。
高級店などでは、お客様1人を接客して4万円~7万円ほどの収入があります。
大衆店や格安店では、男性1人を接客して、1万円~2万円ほどの収入があります。

ただ、高級店に勤務しているからと言って、必ずしも男性客が入ってくれるわけではありません。
ランクに関係無く、勤務しているお店の人気嬢になることが、高収入を得る近道となります。
高級店にいても、指名が入らない限り収入は少ないままです。

新人や体験入店の女性には保証制度という、日給を保証してくれることがあります。
また、給料の中から雑費といって施設や接客時に使用する諸経費が引かれます。
店舗にもよりますが、男性客1人あたり数百円~5,000円程引かれます。

給料は個人事業主として受け取るかたちになるので、当然確定申告や納税などは嬢が自分で行う必要があります。
ソープ嬢専門の税理士などをお店に紹介してもらうと、スムーズに話が進み、楽に計算してくれます。

風俗求人サイトや求人情報誌などにはこれらの細かい部分は記載されていないことが多いので、面接時や出勤初日などにじっくり話を聞いておきましょう。

予備知識など

スポンジとソープ

⑦お客様の見送り

この流れが一般的なソープランドの一連の流れになります。
男性一人あたりの平均的な接客時間は70分から90分くらいです。
この接客時間で8時間勤務した場合、最大3人くらい接客することができます。
90分以上の時間で接客した場合、「2回戦」と表現します。

ただ、この時間男性と性的サービスを行うと、体力のある女性でもかなり心身が疲弊してしまいます。
そのため、どんなベテランでも毎日出勤することは非常に難しいです。
体力が弱っているときは、性感染症にかかる確立も上がるので、自分の体に疲労がたまらないように上手く調整しながら勤務するようにしましょう。
体調を崩したり、性感染症にかかったりすると、仕事は休まなくてはなりません。
適度に休暇をはさみ、体力を常にある程度維持しながら働くことによって、体調的にも精神的にも良い状態で仕事を行うことができます。

また、風俗求人誌などを見て初めてソープランドでアルバイトとして働く女性は、特に体力の配分などが分からず、タイトなスケジュールを入れがちです。
その場合は、お店の従業員や店長、先輩などに相談しながら、無理の無いスケジュールを入れるようにしましょう。

ちなみに、接客中に使用するローションやタオルなどは、基本的に嬢側が自腹で購入するのが基本です。